LYRICS SEARCH

  • 歌詞
  • 収録作品

太陽が燃えている

悲しみの雨がやみ 希望の空の下で 
孤独の服で着飾った 君の手を強くつかんで
あざやかな恋をして ささやかな夢を見て
プレゼントのリボンのように ときめく君と結ばれたい

胸の真ん中を刺激する 熱い想いに包まれて
くちづけすれば 暗い夜空に朝日がのぼるだろう

桜舞い散る春も ひまわり耐える夏も
コスモスが恋する秋も フリージアの眠る冬も
あぁ毎日君を感じている 真実の愛に飢えている
時間を見つめ叫んでいた 世界の果てに花束を

胸の真ん中を刺激する 甘い香りに包まれて
さあ踊るのさ キズも涙も今は捨ててしまおう 

太陽が燃えている ギラギラと燃えている
二人が愛し合うために 他に何もいらないだろう
そのくちびる僕のために この愛を君のために
耳もとで囁くのさ 
君のからだの中 太陽が燃えている

いくつもの涙こらえながら いくつもの夜を越えて
生きていられるだけの 愛が必要だから

太陽が燃えている ギラギラと燃えている
二人が愛し合うために 他に何もいらないだろう
そのくちびる僕のために この愛を君のために
生まれ変ってもまた会おう 同じ場所でまた会おう
太陽が燃えている 太陽が燃えている
抱き合って囁くのさ
君のからだの中 僕のからだの中 太陽が燃えてる